動画編集

Corel VideoStudio【ビデオスタジオ】画像を暗くする方法 アスペクト比の調整 テキストスクロール動画作成Vol.2

動画解説

こんにちは、ノリアキです。

今回は動画編集ソフトVideo Studioを使ったテキストスクロール動画で
アスペクト比のそろえ方と画像を暗くする方法を解説していきます。

前回の記事でも、ご紹介しましたがYouTubeアドセンスで稼いでいく上で
動画を高クオリティーに変えることで、視聴者維持率の上昇やチャンネル登録者の
増加に繋がりますのでもし、テキストスクロール動画に
慣れてきたのであれば、ぜひ挑戦してみてください。

まだ、VideoStudioを使ったテキストスクロール動画の作成の基礎を
ご覧になっていない方は、下記の記事で学んでいきましょう。

[kanren postid=”2306″]

アスペクト比って何?

まず、アスペクト比について解説していきます。

アスペクト比とは、画面の横と縦の比率のことを指します。

ようは、画面の大きさがどれくらいの
大きさなのかということです。

YouTubeの画像の推奨サイズは1280×720のアスペクトが推奨されていますので
このサイズのサムネイル画像を作成すれば綺麗なサムネイルが作れるということです。

もしアスペクト比が小さい画像だった場合は、
動画の画像が小さくなってしまって
若干臨場感が出ません。

なので、もし、画像をピックアップする時は
ある程度、画像の大きめのサイズを採用するようにしましょう。

videoStudioアスペクト比の設定方法

まず、画像をタイムラインに挿入します。

次に、タイムラインの画像の上でダブルクリックすると
下記の画像の様な画面が表示されます

次に、【リサンプリングオプション】という所に✔マークを入れます。
初期の状態ですと、アスペクト比を維持となっていますので
プロジェクトサイズに合わせる】を選択します。

すると、画像のサイズがプロジェクトサイズに調整することができます。

画像を暗くする方法

次は、画像の明るさを調整していきましょう。

画像が明るすぎると、文字の色が見づらくなってしまいますので
画像に色補正をかける必要があります。

まず、下記の画像の『色補正』をクリックしましょう。

すると、下記の画像のように『明度』の部分が表示されるので
お好みの明るさに調整しましょう。

これで、アスペクト比と画像を暗くする調整は完了です。

次は画像の属性をコピーして、一括編集を行っていきましょう。

属性をコピーして一括編集をしてみよう。

属性をコピーして一括編集とは、一つの画像を暗くしたり、
プロジェクトサイズに変更をした、設定を次の画像にも反映させることができる機能です。

ムービーメーカーの場合は、画像を暗くした場合は
一つ一つ画像の明るさを変えなければいけませんが
この機能を使う事によって一度設定をした画像の属性を
一気に編集できるので作業効率アップにもなります。

まず、画像を一つ設定をしたら、その画像の上で右クリックをします。

すると『属性をコピー』という欄が出てきますので
選択をしてください。

『属性をコピー』をしたら、次にまだ設定をしていない
動画の上で右クリックをします。

これで、画像のアスペクト比と明度の調整方法が設定できました。

このようにして、一括編集をして作業効率の短縮をしてみてください。

私もこのvideoStudioを使用するようになってから
作業時間がかなり短縮されるようになりました。

そして、高クオリティー動画の作成にも役に立つ動画編集ソフトなので
ぜひ挑戦してみましょう。

今回は、以上になります。 ありがとうございました。

自動で月収50万以上を稼ぎだし『ストレスフリーの毎日』を得た方法を
★期間限定でプレゼント中★