記事のコピペやパクリを防止するプラグインWP-Copyright-protection

 

動画解説

こんにちは、ノリアキです。

人気のパワーサイトや検索上位に表示される記事を作成すると
コピーされてしまう場合があります。

他にも、リライトされているけど明らかに人のパクリじゃんって
いう記事もインターネットで調べものをしていると
よく見ますよね?

コピーされてリライトされるだけでも
いい気分はしませんが、もしあなたの記事よりも
インデックスされるのが早かったとしたら

記事をパクったのはあなたの方だと
思われて記事が削除されてしまう恐れもあります。

このようなリスクヘッジの意味でも
記事をコピーされるということは避けなければいきません。

そこで、記事のコピペやパクリを防止してくれる
プラグイン『WP-Copyright-protection』を紹介していきます。

WP-Copyright-protectionのメリットは?

このプラグインの一番のメリットはコピーを防いでくれることです。

このプラグインを導入することで、
右クリックが不可になりますので、記事のコピーをすることが
できなくなります。

また、ドラッグの不可になりますので
画像をコピーすることもできません。

コピーする方法は、ないわけでもありませんが
このプラグインである程度は自身のコンテンツを
守ることはできるでしょう。

もしあなたが、長期的資産を構築するサイトを作成しているのであれば
コピー防止は早い段階で行っておきましょう。

WP-Copyright-protectionのデメリットは?

このプラグインのデメリットは右クリックができないので
別窓を開くことができないことです。

個人的に右クリックすることに不憫さを感じることが
ないのですが、中には不憫に感じる方もいるかもしれません。

ただ、メリットの方が多いプラグインなので
ぜひ、サクッと取得してしまいましょう。

WP-Copyright-protectionのインストール方法

【ダッシュボード】⇒プラグイン【新規追加】をクリックします。

プラグインの検索窓に、【WP-Copyright-protection】と入力をして検索します。

・WP-Copyright-protectionを有効化して完了です。

以上で、プラグインの設定は完了です。
お疲れさまでした。

最後に

コピー防止は、ブログを使ったアドセンスでビジネスを
取り組んでいる人は設定をしておきましょう。

私のブログは、特にこのような設定はしていませんが
せっかく記事を書いたのにライバルにインデックスで負けてしまって
盗作扱いされてしまわない為にも必要かもしれません。

今回は、以上になります。 ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)