【AdSense Plugin WP QUADS】でAdSense Managerの代わりにアドセンス広告を掲載しよう『2017.ver』

 

動画解説

こんにちは、ノリアキです。

これまでは記事内にアドセンス広告を掲載するプラグインの代名詞と言えば
『Adsense Mamager』が主流になっていました。

しかし、2017年になってからAdsense Mamagerの不具合が
目立つようになってきました。

Adsense Mamagerを確認してみると、なんと5年間も
アップデートがされていないんですよね。

これじゃあ、不具合が出てもおかしくありません。

それに、このまま使っていても危険性があるきがして怖いですよね?

変わるになるプラグインがないかなと探していたところ
優秀なプラグインを見つけることができました。

そこで今回はAdsense Mamagerの代わりなる、
プラグイン『Adsense Plugin WP QUADS』について解説していきます。

Adosense Plugin WP QUADSのインストール方法

ダッシュボードから【新規追加】⇒【Adosense Plugin WP QUADS】を検索して
【今すぐインストール】をクリックしましょう。

Adosense Plugin WP QUADSの設定方法

プラグインの有効化が完了したら、設定をしていきましょう。

WordPressのダッシュボードから【WP QUADS】⇒【Ad Setting】をクリックします。

・設定画面が表示されたら【GENERAL⇒ADSENSE CODE】をクリックします。

【ADSENSE CODE】を開くとAD1~AD10のファルダがでてきます。

その中に広告のリンクを入れていきます。

今回は、AD1をクリックして設定していきます。

下記の画像のような画面が表示されますので、
アドセンスコートを入力して中央揃えにしましょう。

注:必ず中央揃えにするのを忘れないでください。

これで、設定は完了です。

もし、複数アドセンスコードがある場合はAD2~AD10と設定をしていきましょう。

Adosense Plugin WP QUADSの使い方

では、次に『Adosense Plugin WP QUADS』の使い方ついて。

このプラグインは、テキストエディタのみでしかラベルの表示がされません。
(別プラグインADD Quicktagを使うことで、ビジュアルエディタでも
1クリックで表示されることできので、下記の記事を参考にしてください。)

WP-プラグイン AddQuicktagでエディターでカスタマイズしよう

2017.05.24

記事作成画面のテキストエディタに、【Ads1】というラベルが
追加されていますので、それをクリックしてください。

すると、下記の画像のように<!-Ads1->が記入されるようになります。

ちなみに、私の場合はアドセンスの設定をしていないので【NoAds】とタグがなっていますが
設定しておけば、【Ads1】と表示がされます。

これを、記事本文で確認すると
このように、アドセンス広告が表示されます。

ビジュアルエディタでアドセンス広告を貼り付ける方法

ビジュアルエディタで表示させる方法をご紹介していきます。

まず、ビジュアルエディタの場合は、別タグを使用します。

Adosense Plugin WP QUADSのアドセンスコード設定画面にあった
【quads id=1】というタグを使用します。

 

テキストエディタとビジュアルエディタをまとめると
このような違いがありますので気を付けてください。

・テキストエディア用:<!–Ads1–>
・ビジュアルエディア用:【quads id=1】

といった感じです。

最後に

アドセンス広告は広告単価も高く収入源の柱ともなります。

僕はYouTubeをメインとしていますが、
このブログ以外での広告収益で月収10万円は稼ぐ事ができており
その全てが、アドセンス広告です。

ブログで稼ごうと思っている方は
ぜひこの記事を参考にして実践してみてください。

今回は以上になります。 ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)