【YouTubeアドセンス】チャンネルアートを簡単にテンプレートを使って作成してみよう!

 

動画解説

こんにちは、ノリアキです。

今回は、自身のチャンネルイメージとなるブログでいう所の
トップ画像になるチャンネルアートについて解説をしていきます。

チャンネルアートを作成することで自身のチャンネルは
こうゆうものだという、ブランディングにもなりますので
必ず、チャンネルアートの設定は行っておきましょう。

チャンネルアート基本情報

・チャンネルアートの推奨サイズは2560×1152ピクセルが推奨されています。
この、推奨サイズにすることでパソコン、スマホ、タブレットなど
すべての端末に最適表示されますのでこのサイズで作成していきましょう。

・ファイルサイズは4MB以下にしましょう。

もし、チャンネルアートの作成でわからないことがあれば、
下記のYouTubeヘルプの中の『画像のサイズとファイルに関するガイドライン』
参考にしてください。


YouTubeヘルプ⇒こちらから

テンプレートダウンロード方法

上記の画像の赤枠で囲った『Channel Art Template』を使うと簡単に
作成することができますので使っていきましょう。

・ダウンロードしたzipファイルを解凍しましょう。

解凍したテンプレートの画像を『保存』します。

・TV(2560×1440):テレビで見た時のサイズです

・Desktop Max(2560×423):パソコンで見た時のサイズ

・Tablet(1855×423):タブレットサイズ

・Desktop minimum:スマホのサイズ

 

・フォトスケープにテンプレート画像を挿入します。

 

・次にチャンネルアートに使いたい画像を挿入しましょう。
画面右下にある『オブジェクト』⇒『写真』から画像を追加します。

挿入した画像の不透明度を下げることで、テンプレートが見えるようにしておきます。
そうすることで、サイズの調整とフォントの位置がわかりやすくすることができます。

あとで、画像の透明度は元に戻しますのでここまま作業を進めていきましょう。

次に下記の画像のように、画像のサイズを枠よりも
少し大きくなるように拡大していきます。

 

・テキストを入れていきます。

右下の『オブジェクト』にある『T(テキスト)』からテキストを
入力していきましょう。

テキストはDesktopmobile~と書いてある枠に入れるようにしてください。

そうすることで、テレビからスマホまで全てにおいて文字切れがおきず
表示させれることができます。

 

テキストの入力が終わりましたら、
文字の不透明度を最大まで上げていきます。

これで、チャンネルアートの作成は完了です。

あとは、【保存を】したら完了です。

ファイルのサイズは4MBまでなので、超えないように気を付けてください。

チャンネルアートの画像を設定しよう

次は、作成したチャンネルアートの画像をYouTubeに設定をしていきましょう。
冒頭のチャンネルアートの設定の場所まで移動をしてください。

ファイルから、もしくはドラッグ&ドロップで作成した画像をアップロードします。

アップロードした画像に問題がないかを確認して
特に問題がなければ、【適用】をクリックして完了です。

これでチャンネルアートの作成と設定方法は以上になります。

今回ご紹介したテンプレートを使えば、
テキストの入れる場所と画像のサイズを簡単に編集できるので
ぜひ使ってみてください。

ぜひ、自身のチャンネルとマッチした、
チャンネルアートを作成してみてください。

今回は以上になります。 ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)