儲かる・稼げる仕事ランキング2017年 起業と雇われどっちが高収入か?

 

こんにちは、ノリアキです。

もし、仕事に就くのなら誰もが低賃金ではなくて高収入の仕事に就きたいと思います。

しかし、どんな仕事が儲かるのか!?

一体いくら稼げるのか!?

というのがいまいちわかっていないかもしれません。

そこで今回は、稼げる仕事のというのをランキング形式で
見ていきたいと思います。

職業でも会社の規模や行っている事業によっても給料に格差がありますので
一概にこのランキングが絶対とは言えませんので
職種の平均賃金でランキング付けをしています。

また、ボーナスも企業の実績によって大きく変動するので
ランキングのの要因には含めていません。

それではいってみましょう。

高収入ランキング

第10位:自然科学者・研究者

給与:38万円~45万円

トップ10位に滑り込んだのは自然科学者です。

医療や工学・食品化学はたまた機械工学など様々な応用分野に
従事している人が多いです。

9位:一級建築士

給与40万円~50万円

9位には一級建築士がランクインしました。
仕事の内容は延べ面積300m²、高さ13m、または9mを
超えるものの設計することが出来る国家資格所有者です。

また、4年以上の設計実務経験が必要なため非常になるのが難しいという
事もあります。

1級建築士になるまでに4年も必要とはいくら修業とは言え
長いですね。
年齢的にも制限がかかってしまうかもしれませんね。

8位:各種学校・専修学校教員

給与50万円~60万円

専門学校やIT,職業訓練校など就職するのに直結するスキルを指導できる
仕事です。
この職業は正に手に職といったことを表しているように
平均勤続年数が10年程度と短く、転職するのが多いのも特徴です。

また、非正規雇用も多く正社員での雇用も減少しているという傾向もあります。

7位:不動産鑑定士

給与:50万~70万円

様々な土地の適正価格計算したり、不動産のコンサルティングも行っています。

6位:記者

給与:60万円~65万円

仕事内容は新聞、雑誌など新聞でおなじみの
私たちの暮らしの様々分野を対象としています。

朝刊と夕刊の締め切り時間がありますので現行の執筆スピードも要求される
非常にスキルの高い職種と言えるでしょう。

各部で扱いジャンルは違いますが
専門性の高い仕事なので常に自身で勉強をしていかなければ
いけません。

書く技術に聞く技術なども重要です。

 

4位:大学准教授

給与:50万~100万

大学准教授は教育や研究の最高位とも言えます。

では大学教授とはどのようなものなのでしょう?

大学准教授は大学で授業を行ったりもしますが仕事の一部でしかありません。

他にも教授の手伝いをしたりといったこともしています。

3位:医師

給与:50万~150万

医師は高給与なのは事実ですが、夜勤があったりと
非常に過酷な労働環境である事が知られています。

以外にも鬱になる確率も多い職業であり
そのことからも高収入ではあるが体力とメンタルのどちらも
すり減らしてしまう仕事だとわかりますね。

2位:大学教授

給与:66万~200万円

2位には大学教授がランクインしました。

大学の授業以外にも
国際的な会議なども参加しており、幅広いマルチな仕事の幅があります。

高収入かもしれませんが本当にその仕事が好きでなければ
仕事でしょう。

1位:航空機操縦士

給与:70万~250万円

1位にはなんと航空機操縦士がランクインしました。

パイロットと聞くと、実技訓練のイメージが強いと思いますが
実際は机での卓上の勉強も沢山あります。

空を飛ぶのですから決められたことをしっかりと
行う精密さなどが適正が求められる上に
航空学校に入学できるだけの学力も必要となってきます。

やっぱり一番は経営者が儲かる

いかがだったでしょうか?
私自身記事を書いていて高収入の仕事に就けるのは
本当に一握りの一部の人間だけなのかなと感じました。

と言うか、見るだけで難しそうに感じてしまいました。

それも、長い下積み、もしくは学校に入って資格を取るなど
期間がかかってしまいます。

パイロットは人材不足と言われていますが
今よりも採用の基準を下げることはないと思いますし、
これからも職業ランキングが変動することはあまりないのだろうと思います。

そして、雇われている以上年収1000万円が限界なのかなと
感じました。

そして、1000万までに到達するのも40歳を超えてからです。

という事は20歳から働いたとして20年かけなければ
年収1000万まで到達しないという現実もあります。

そう考えると高収入とはいえ長いですね。

最短で1000万円到達するには個人経営ビジネスが最速

これ方の時代はネットビジネスが最も大きな収益を稼ぐことが出来て
最短で稼ぐことが出来ます。

例えば、情報発信(DRM)ならば月収1000万とかもしっかりと取り組み方を
間違えなければ1年で稼ぐ事は可能です。

もちろん、片手間なんかでは出来るようなものではありませんが
自身の余暇時間を1年間だけ全力でビジネスに取り組むといった
心構えがあれば学歴や自身の知能指数など生まれン持ったものに関係なく
稼ぐ事が出来てしまいます。

ネットビジネスはさぼらずにしっかりと取り組みさえすれば
誰でも結果を出すことができるやさしい世界でもあります。

私自身、脱サラする前は残業だらけのブラック企業に勤めていましたが
それでも、YouTubeアドセンスで月収50万を稼ぐことが出来ました。

そして、今はコンサルまでするようになり
念願の脱サラをしました。

自身で稼ぐ力が身につけば選択肢はさらに増えていきます。

もし、あなたがこれから経済的にも時間的にも自由な未来を目指してみたいという
気持ちが少しでもあるなら下記のバナーから
私のメルマガに登録してみてください。

今なら限定でYouTubeアドセンスで月収10万円を
3か月で稼ぐコンテンツを無料プレゼントしています。

今回は以上になります。 ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)