YouTubeの動画編集に使うパソコンの選び方は!?必要なスペックとおすすめPCメーカーまとめ

 

こんにちは、ノリアキです。

今回はYouTubeの動画編集を含めネットビジネスを行う上で
必要なパソコンのスペックについてお話をしたいと思います。

YouTubeは初期投資0で開始できるのが、素晴らしいメリットでありますが
もし、まだパソコンを持っていないのなら必ず必要となる初期経費になります。

性能がよければそれだけ作業効率も上がりますから、値段が安いからと妥協はせずに
良いパソコンを選ぶようにしましょう。

それでは、内容に入っていきましょう。

ノートパソコンとデスクトップのメリットデメリットは?

・デスクトップ型
まず初めにパソコンを選ぶときにはデスクトップ型とノート型の
どちら購入するかを決めなくてはいけません。

デスクトップ型の方が高性能で作業効率が良いです。

また、内部のパーツを交換することで性能を上げたりといった
カスタマイズが可能です。

デメリットは本体が大きくて置く場所に困ってしまう事があるのと
机やテーブルがないと作業ができない為作業スペースを必要としてしまう事です。

・ノート型パソコン
ノート型のパソコンはサイズが小さい為、持ち運びができるのが
一番のメリットです。

例えば、スタバやカフェで作業をしたり、セミナー講師をするときなどは
ノート型のほうが使いやすいと思います。

しかし、デメリットとしてデスクトップ型に比べて価格が割高であるのと、
内部のパーツを交換できない為、基本的には購入した時の性能のまま
使い続けることになってしまいます。

ちなみに、私は自宅で作業する時はデスクトップ型を使っていて
出先や外出する時はノートパソコンを常に持ち歩くといった感じに
使い分けています。

重要なPCのスペックの要素は?

動画編集は高負荷がかかる

動画編集はグーグルで検索したりYouTubeを見たりするよりも
大きな負荷をパソコンにかけてしまいます。

その為、ある程度性能の良いのもにしましょう。

Core i5より上の物の方がいいと思います。

実際、私も初めてYouTubeを始めた時は8年前の
パソコンを使っていて、動画編集にもの凄い時間がかかってしまい
買い替えをしたことがあります。

一番下に動画編集におすすめのスペックの目安を
記載しておきますので参考にしてください。

PCのスペックが作業時間短縮に繋がる

高スペックのパソコンは様々なタスクを同時進行してくれます。
例えば、ご飯を食べながら、テレビを見るとかですね。

なのでスペックが高いパソコンは頭がいいので
サクサクと作業がでいるのでストレスもなく作業ができます。

サクサクと動けば書き出し時間(エンコード)も短縮するので
動画を何本も作成したときに作業時間に大きな差ができます。

それだけ、作業短縮につながるという事です。

PC立ち上げやフリーズをしない

高スペックPCだと起動させた時に5秒くらいで立ち上がります。
私の場合はノートパソコンからデスクトップへの買い替えだったので
初めて起動させた時はあまりの立ち上げの速さに感動と衝撃が走りました。

それくらい、スペックがいいパソコンは作業スピードが速いという事です。

また、スペックの高くないPCで多数のアプリケーションを起動させていると
ごく稀にフリーズを起こしてしまい事もあります。

その都度アプリをoffにしていたら手間もかかるし不便ですので
使いやすさの面からもスペックには妥協しない方がいいでしょう。

WindowsとMacどっちがいい?

正直どっちでもいい!

クリエイターの方などはMacを使っている人が多い気がしますが、
これは好みの問題なのでどちらを使っても問題はないでしょう。

ちなみに私はずっとWindowsを使っています。
PC買い替えの時に悩んだのですが、今更Macの操作覚えるなら
ネットビジネスに時間使った方がいいかなと思ったのでMacにはしませんでしたが
特に問題や不満もなく操作できています。

ちなみに、コンサル生に動画編集やパソコンの操作を教える時が
あるのですが、Windowsの方が多いので良かったなと思う時もありますよ。

Macはカッコいいんですけど、割高なんですよね・・・w

使う編集ソフトでどちらかを決める!?

アドビのpremiere(プレミア)のように
MacとWindowsの両方に対応しているものもありますが
そうでないものもあります。

動画編集ソフトで有名なFinal CutはMacにしか対応していませんし、
他にも無料ソフトのIMovieもあります。

WindowsならVideo Studioが使いやすくておすすめです。

premiere(プレミア)⇒こちら

Final Cut(ファイナルカット)⇒こちら

Video Studio(ビデオ スタジオ)⇒こちら

そちらのOSにするかは使う動画編集ソフトで
考えてながら選んでみるのもいいでしょう。

動画編集におすすめ必要なスペック(Windows編)

入門機モデル

CPU:インテル Core i5-6500
グラフィック:インテル HDグラフィックス530
メモリ:8GB (DDR4 SDRAM)
ハードディスク:1TB HDD
価格:7万前後

スタンダートモデル

CPU:インテル Core i7-7700
グラフィック:NVIDIA GeForce GTX1050
メモリ:16GB (DDR4 SDRAM)
ハードディスク:250GB SSD + 1TB HDD
価格:12万前後

ハイスペックモデル

CPU:インテル Core i7-6700K
グラフィック:NVIDIA GeForce GTX1070
メモリ:32GB (DDR4 SDRAM)
ハードディスク:500GB SSD + 3TB HDD
価格:20万前後

上記の表はPCスペックの参考にしてください。
私は上記のハイスペックモデルを購入しました。

初めは値段の高さに本当に買っていいものかと
悩みましたが、今となっては買って正解だったな
と本当に良かったなと思っています。

それくらい、動画編集のスピードが上がりましたから。

また、今後ブログや情報発信(DRM)に
取り組むことを考えてもなるべく
スペックは高めのPCをおすすめします。

ぜひ、パソコンを購入する際には参考にしてみてください。

今回は以上になります。 ありがとうございました。

無料メルマガではよりリアルタイムに最新情報をお伝えしていますので
ぜひこの機会に登録してみてください。

また、下記のページから無料メルマガに登録すれば、
初心者がYouTubeで10万円稼ぐ為のコンテンツ
『On The Move』をプレゼントしています。

メルマガ限定のYouTubeのテクニックなどの情報もありますので
ご興味がございましたら登録お願いします。
(もし、コンテンツが気に入らなければいつでもメルマガ解除は可能です。)

無料コンテンツはこちら

Line@友達申請で無料特典プレゼント

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)