YouTuber年収ランキング2017年版ランキングトップ10

 

こんにちはノリアキです。

有名YouTuberの影響もあってすっかりと世間的にも認知されてきた
しかもかなり稼げるといわれているYouTuberという職業の年収を
独自で調べたのでランキング形式で紹介していきたいと思います。

今回は日本人限定のYouTuberの年収を2017年版で
お送りしていきたいと思います。

もしかしたら、殆どのYouTuberを見たことあるか、
または、一度は聞いたことがあるかもしれません?

それでは、行ってみましょう!

YouTubeの報酬の計算方法は?

YouTubeの広告収益の報酬は1再生当たり0.1円という情報が蔓延していますが
実際は大物YouTuberの人とあまり人気のない広告単価の低いYouTuberの人を
含めた平均が0.1円円なので実際は人気のYouTuberであればあるほど
広告単価は高いという事になります。

なので、大物YouTuberの再生数に0.1円をかければ正確な年収が
割り出せるといったことはありません。

しかし今回のランキングでは広告収益の一般的である0.1円を用いて
年収を算出していきたいと思います。

10位 マックスむらい 年収5500万円

ニコ生でのパズドラ実況が有名なマックスむらいが10位にランクインしました。

実は上場企業のエリートマンで執行役員を務めるほどの
社会的にもすごい方なんです。

YouTuberの中でも特に積極的にテレビにも出演したりと
積極的な活動に取り組んでいます。
しかし、パズドラを除く他の動画はあまり人気がなく
チャンネル登録者が145万人を超えているにも関わらず、
パズドラ以外の動画は2万再生と若干低迷気味。

本人自体の人気は全くないのかもしれません。

今後の活躍に期待です。

 

9位 グッチの部屋(ミラクルぐっち) 年収5600万円

9位には元芸人YouTuberのミラクルぐっちがランクイン。

標準語と大阪弁をミックスしたしゃべり方が気持ち悪い?と
言われたりですが、持ち前のトーク力を活かした
ゲームの実況で小中学生から人気を集めています。

ネットで検索してみると、とにかく
気持ち悪いとかが検索候補に出てくるほど、特徴がある話し方をしていますので
ぜひ、一度は聞いてみてください。

芸人時代には鳴かず飛ばずで売れませんでしたが
YouTuberとなって成功した彼に対する妬みや嫉妬からの
批判も多くあるようです。

個人的には人気が出たのだから勝ち組なのではないかと思っていますが。

8位 kougeisha 年収6700万円

8位には人気YouTuberのKan&Aki`CHANNELの彼女たちの父親のチャンネルが
ランクインしました。

父親単独でこの年収ですから子供たちのチャンネルを合わせると
とてつもない金額ですね。
さらに、全国のママさんたちにも大人気で、YouTubeで人気を出すための
セミナーを多数開催しています。
稼ぎまくりのお父さん!凄すぎです。

チャンネルの名前は本人が経営している
すみよし工芸社⇒こうげいしゃ⇒kougeishaということだそうです。

現在も看板屋さんの仕事は続けているようで、
これだけ稼いでいて会社を辞めないのは凄いなと
感心してしまいます。

私だったら速攻会社を辞めています。w

7位 SEIKIN 年収8300万円

7位にランクインしたのはHIKAKINの実の兄である、
SEIKINです。

そんな、SEIKINはYouTuberになる前は
アカペラミュージシャンとして活動していました。

弟のHIKAKIN同様にかなりの音楽センスを持っているようで
YouTubeのテーマソングでも
素晴らしい歌唱力を披露してくれています。

正直、すごいとは思いますが先にデビューした
弟のHIKAKINのおかげなどと、陰でいわれているとかいないとか。

6位 Kan&Aki`s CHANNEL 年収1億1800万円

先ほどランクインしたkougeishaの子供たちのチャンネルが6位に
ランクインしました。

基本的には幼児向けのおもちゃの紹介動画がメインとなっています。

チャンネル登録者の数は240万人でライブ専門チャンネルなど
一家で合計4チャンネルを持っています。

このチャンネルの凄いところは企業からの商品提供を
一切受けないと言う所です。

自身の力だけでここまでのチャンネルに成長させるのは
凄まじい努力があったのだと思います。

ちなみに、父親は人気ブロガーに憧れてレビュー系のブログを書いていた時期が
あったそうです。

5位 せんももあいチャンネル 年収1億2000万円

6位にランクインしたのは幼児向けのチャンネルを運営する
せんももあいチャンネルがです。

3人の成長記録とおもちゃの紹介などをメインに
行っており、キッズ系の人気チャンネルでは最古参の
2006年から運営をしています。

コメント欄は幼児が大好きな外国人で溢れかえっている。

それを意識してタイトルも英語を付け加えている
といった所が最古参ながらの戦略が伺えます。

4位 AAAjoken 年収1億3100万円

4位にランクインしたのはアンパンマン向けのおもちゃを
中心に幼児向けの動画を作成しているAAAjoken。

今までのチャンネルは子供を出演させていましたが、
このチャンネルは商品紹介がメインです。

しかし、見ていて飽きさせない楽しくなり動画構成をしており
クオリティーの高い動画がメインです。

このAAAjokenは顔出しをしていない為
謎のベールに包まれています。

謎が多いYouTuberです。

3位 はじめしゃちょー 年収1億7400万円

幅広い層のファンが多いはじめしゃちょーがここでランクイン。

チャンネル登録者も日本一になるなど知名度は
半端ないです。

身体を張った実験系の動画やチャレンジ、どっきり企画、質問コーナーなどの
動画がメインのYouTuberです。

テレビでも取り上げられることが多くなり、日本のトップレベルの地位まで
昇り詰めました。

ゲーム実況やカードゲームの紹介などを投稿するサブチャンネルも人気で
UUUMに所属のHIKAKINよりも幅広い年齢層から
人気を集めています。

高身長に甘いルックスの為女性から人気が高いが、
浮気問題が露呈してしまったりと
彼女以外の女性と一夜を共に過ごしたりと様々なスキャンダラスが
まだっている側面もあります。

ちなみに、彼の有料会員ファンクラブは開設直後に活動中止となった為
ファンから『詐欺だ』と非難されています。

2位 キッズライン 年収1億8100万円

チャンネル名通りの子供向けのチャンネル
というより、親御さん向けのチャンネルとなっています。

チャンネル登録者は117万人越え!
そして、総再生数は20億越えとモンスター級のチャンネルです。

ただ子供がおもちゃで遊ぶだけのチャンネルなのに
これだけ稼げるなんて凄すぎます。

1位 HIKAKIN 年収2億円

1位はやはりこのお方。
YouTuberの代名詞と言いますか、
HIKAKINNが堂々の1位にランクインしました。

元々はヒューマンビートボックスの動画を上げていて
エアロスミスとのコラボ経験もあるという実績者でもあります。

現在のファンは小中高生が主で、
ゲームの実況や商品動画を上げたりしています。

HIKAKINは必ず1日に2動画を作成することをしており、
動画編集を考えたら結構な作業量なのではないかと
思います。

また、UUUMの最高顧問を務めており、
YouTuber以外にも幅広く活動をしています。

 

最後に

あなたの予想は当たりましたか?

いかがでしたでしょうか?

やはり1位は『HIKAKIN』でしたね。

これは想定内だったかもしれません。

これからも人気のYouTuberがどんどんと出てきていますので
すぐにこのランキングも変動してしまうかもしれません。

個人的には『ラファエル』とかがランキング内に入ってくるのではないかな?

と予想をしています。

今回の動画は以上になります。ありがとうございました。

無料メルマガではよりリアルタイムに最新情報をお伝えしていますので
ぜひこの機会に登録してみてください。

また、下記のページから無料メルマガに登録すれば、
初心者がYouTubeで10万円稼ぐ為のコンテンツ
『On The Move』をプレゼントしています。

メルマガ限定のYouTubeのテクニックなどの情報もありますので
ご興味がございましたら登録お願いします。
(もし、コンテンツが気に入らなければいつでもメルマガ解除は可能です。)

無料コンテンツはこちら

Line@友達申請で無料特典プレゼント

今回は以上になります。 ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)